Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

[an error occurred while processing this directive]

統合型CMDB

十分な情報に基づいたスマートな意思決定に必要なすべての情報を入手。

環境設定管理データベース(CMDB)、ナレッジベース、およびデータウェアハウスは、十分な情報に基づいて意思決定を下したり、インシデントを解決したり、変更をリクエストしたりする場合に欠かせないツールです。

Novell Service Desk CMDBは、Novell ZENworks®、その他のノベル製品、サードパーティ製品で検索、インベントリ登録、管理できるすべてのサービス管理情報を保存した中央リポジトリです。コネクタを使用すると、Novell Service DeskがCMDBにデータを自動入力したり、継続的に同期したりできます。

ナレッジベースの情報はCMDBに保存されます。サポートアナリストは、ここに保存されている製品ナレッジやユーザナレッジを使って、迅速にインシデントを識別し、解決することができます。また、Novell Service Deskでは、サポートアナリストがナレッジベースの記事を作成し、その記事を管理できます。こうした情報は、ITシステム担当者にもエンドユーザにも提供することができます。こうした統合によって、現行のサポートコストを削減でき、同時にIT部門全体で同じ知識を共有できます。

  • 知識管理Novell Service Deskの強力な知識管理機能は、知識の効率的な作成、公開、配信プロセスを提供することで、解決にかかる時間を短縮し、ストレスを軽減し、エンドユーザ自身が問題を解決できるようサポートします。詳細はこちら
  • 生産性と応答性に優れたサービス環境を構築Novell Service Deskソフトウェアによってサービスデスク業務の合理化および自動化を図ることで、平均修理時間(MTTR)を短縮し、サービス管理環境を継続的に改善することができます。詳細はこちら
[an error occurred while processing this directive]

© 2014 Novell