Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

[an error occurred while processing this directive]

Novell Service Deskをお勧めする5つの理由

Novell Service Deskは、サービス管理を向上させるだけでなく、 業務全体の負担を軽減します。

5つの理由だけでNovell Service Deskに納得していただけます

お勧めする理由としてはトップ10が一般的ですが、お客様の時間をそれほどいただくわけにはいきません。また、IT Infrastructure Library (ITIL) v3のベストプラクティスを活用し、組織のビジネスニーズや要件と一致したサービスを提供するサービスデスクソリューションが必要なことは、お客様はすでにご存じです。Novell Service Deskは、これだけでなく、さらに多くのことを可能にします。ここで、お客様がまだご存じでない、Novell Service Deskを採用すべき5つの理由について説明します。

1. 休暇を取得できる

ユーザからのリクエストや問題が絶え間なく発生する中、とても休暇を取ることなどできません。昼食を取るのもやっとかもしれません。Novell Service Deskは、ITILプロセスによってヘルプデスクを合理化し、担当者の負担を軽減します。

サービスデスクの担当者は、システムを稼働させ、連日一日中、ユーザを満足させなければなりません。しかし、だからといって24時間働かなくてはならないわけではありません。ユーザからのリクエストの流れを簡素化するサービスデスクソリューションが必要なだけです。Novell Service Deskにより、リクエストのプロビジョニングと管理のためのセルフサービスポータルを提供できるため、担当者の負担が軽減します。また、プロセスを最適化し、こうしたベストプラクティスをわかりやすいテンプレートによって技術者に通知します。そしてインシデント、問題、変更記録から情報を表示することで、技術者が迅速に対処するために必要な知識を提供し、解決にかかる時間を短縮します。このような機能により、異常の発生が抑制されるため、安心して休暇を取ることができます。

2. 上司に自分の価値を証明する

組織の中で最も重要な部門であっても、予算を十分確保できるとは限りません。Novell Service Deskで、自分の貢献度を証明するために必要な情報を収集することができます。

あなたの貢献度を上司に証明する必要があるとしたら、 どのように説明しますか?Novell Service Deskでは、去年、先月、またはその日の午前中における、組織への貢献度を証明するために必要なあらゆる指標や数字を用意できます。Novell Service Deskにより、サービスおよびサービスコンポーネントに金銭的価値を割り当て、正確な使用状況と保証情報に基づいてコストを割り当てることができます。また、ITILのベストプラクティスに基づいてサービス提供レベルを定義、管理、トラッキングできます。このソリューションのスケジュールされたレポート機能を使用することで、いつでも必要なときにこうした情報をエグゼクティブに提供することができます。サービスデスクが適切に機能しているときは、誰もサービスデスクの存在を意識しないものです。しかし、そのようなときでも貢献度を証明することはできます。上司にあなたの貢献度について尋ねられたら、これからはNovell Service Deskを使用して自分の価値を証明してください。

3. 十分な情報に基づいて意思決定を行う

ユーザから急を要するサポートを求められた場合、迅速に対処するだけでなく、問題の詳細を十分に把握する必要があります。Novell Service Deskが提供する情報により、迅速な対応と詳細の把握の両方が可能になります。

ITに関する意思決定は、ITシステム担当者が行います。その負担がどれほど重いかをノベルは認識しています。だからこそ、十分な情報に基づいてIT環境に関する意思決定を行うことを可能にするNovell Service Deskを設計したのです。Novell Service Deskは、ITIL v3インシデント、問題、変更管理プロセスを実行し、環境設定の変更、サービス上の問題、ITに関するその他の問題など、あらゆる側面を把握するために必要となる情報を効率的に保存します。Novell Service Deskは環境設定管理データベースを備えています。このデータベースには必要な情報が保存され、容易にアクセスすることができます。Novell Service Deskの関係影響マップによって、選択の影響をさらに詳細に把握できます。ITインフラが視覚的に表示されるため、担当者も技術者もコンポーネント間の関連性を把握できます。十分な情報に基づいていない意思決定は、何も決定しないのと同じくらい問題です。サービスデスクソリューションやITインフラの選択をサイコロで決めてはいけません。

4. 負担を分散する

ユーザは、自分の問題をIT担当者が解決してくれることを望んでいます。IT担当者は、ユーザが自分自身で解決することを望んでいます。Novell Service Deskにより、両者の望みがかないます。

Novell Service Deskにより、ユーザとサービスデスク技術者の対応能力が向上するため、IT担当者の負担が軽減し、組織の運営が円滑化します。ユーザは、サービスカタログからサービスを注文し、セルフサービスポータルを使用して質問に対する回答を見つけ、アプリケーションのプロビジョニングを行い、リクエストをトラッキングできます。ユーザ自身による問題解決は、Novell Service Deskの機能の1つに過ぎません。技術者は、任意のデバイスにカレンダをダウンロードし、ダッシュボードをカスタマイズし、合理化されたITILワークフローを活用できます。Novell Service Deskにより、技術者は適切なラインマネージャに承認を求めることもできるため、一日中本人を探し回る必要はありません。Novell Service Deskにより、ITスタッフはビジネスプロセスやサービスがビジネスに与える影響についてさらに認識を深めることができるため、ユーザが求めるものを適切に提供できるようになります。Novell Service Deskにより、すべてのユーザの問題をIT担当者が解決するのではなく、ユーザ自身が解決できるようになります。

5. ITインフラをさらに活用する

業務コストはまるでガソリン代のように上昇し続けます。Novell Service Deskにより、既存のインフラとITシステム担当者を活用して、組織としての目標を達成できます。

限られたIT予算しかない場合、低コストであるだけでなく、業務を円滑化するサービスデスクソリューションが必要となります。他のサービスデスク製品とは異なり、Novell Service Deskでは、導入費用、サービス料金、中核機能の料金が発生しません。また、Novell Service Deskは、複数のディレクトリサービスと連動するため、1つのソリューションでお客様の環境全体に対応します。Novell Service Deskは、ITサービスとプロセスをビジネスの要件、期待値、目標と一致させることで、投資効果の高いサービスを提供できます。Novell Service Deskは知識管理機能を備えているため、既存のITシステムをさらに活用できます。ITシステム担当者は自身の経験を最大限活用し、有益な情報リポジトリを構築できます。さらに、Novell Service Deskを使用することで、より高品質、効率的、そして効果的なサービスを提供し、組織の事業収益、利益、生産性を向上させ、成功を実現できます。


[an error occurred while processing this directive]

© 2014 Novell