Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

SUSE Linux Enterprise Server 10
Linux基本コース Course 3071

私にはLinuxの経験がありません。 どのようにしたらSUSE Linux Enterprise Server 10を使いこなせるようになるのでしょうか?

コース概要

Linux(SUSE Linux)をはじめる上でのスタートライン

このコースは、SUSE Linux Enterprise Server 10 に対応したNovell CLP 10 カリキュラムの最初のコースです。オープンソースの概念とSUSE Linux Enterprise Server 10を理解することでLinuxの経験がない方の手引きをします。受講者は、SUSE Linux Enterprise Server 10を管理するのに必要な知識とともにオープンソースの概念とLinuxを学習することができます。これらの基本操作は、SUSE Linux Enterprise Server 10 管理コース (Course 3072)を受講するのに必要です。またエントリーレベルのLinux管理者やエンタープライズ環境のヘルプデスク技術者の基本的な前提スキルが学習できます。

トレーニング レベル: 2 - 初級

期間: 3日間

学習方法・価格: クラスルーム、¥157,500 (税込み)

セルフトレーニングパック: ¥63,000 (税、送料込み)

パンフレット(PDF)

内容

SUSE Linux Enterprise Server 10を利用してオープンソースの概念を理解ができる、以下のLinuxに必要な基本的な管理タスクを実行できるようになります。

  • SUSE Linux Enterprise Server 10 のインストールと問題発生時に何を確認すればよいかという知識
  • bash(システムシェル、コマンド)やファイル構造の基本的な概念の理解
  • 操作が難しいvi エディタの使い方
  • ユーザやアクセス権の管理方法

受講対象

このコースは、Linuxの経験があまりない、あるいは全くない方や、SUSE Linux Enterprise Server 10 の基本的な理解を求める方に理想的なコースです。また Novell CLP10 Practicumへの足がかりとしても最適です。

前提知識

このコースは、Linux初心者を対象にして作成されています。Linux以外のオペレーティングシステムの基本的な操作ができれば大丈夫です。

コース資格情報

SUSE Linux Enterprise Server 10 管理コース (Course 3072) と SUSE Linux Enterprise Server 10 アドバンスド管理コース (Course 3073)を通して受講していただくことにより、Novell CLP 10 certification Practicum (050-697)を受験する準備となります。

コース目次

このコースは、以下の広い範囲のトピックをカバーしています:

  • Linuxの歴史
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 のインストール
  • Linuxデスクトップの使用方法
  • YaSTによるLinux の管理
  • ヘルプリソースの検索と使用方法
  • ディレクトリとファイルの管理
  • Linuxのシェルとコマンドラインの使用
  • Linuxテキストエディタの使用方法
  • ユーザ、グループ、およびアクセス権の管理方法
  • 付録 - KDEデスクトップ環境の使用方法
  • 付録 - ネットワークの構成要素とアーキテクチャ

© 2014 Novell