Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

SUSE Linux Enterprise Server 10 管理コース
Course 3072

Linuxのインストール経験はあり、ユーザ管理やファイル操作などはできますが、実際の運用や管理をする方法がわかりません。 どのようにしたらSUSE Linux Enterprise Server 10を実務で運用できるようになるのでしょうか?

コース概要

Linuxを運用管理したい方、Linuxのインストールをしたことがあるけど、次のステップをお探しの方向けのコースです。

基本的なLinuxの経験をつむことにより、SUSE Linux Enterprise Server 10 管理コース (Course 3072) でSUSE Linux Enterprise Server 10の管理スキルを身につけることができます。このコースで扱うPOSIX ACL,ネットワーク設定, 印刷, そしてリモートアクセスを通して、SUSE Linux Enterprise Server 10のインストールや設定方法を学習することができます。

トレーニング レベル: 2 - 中級

期間: 5日間

学習方法・価格: クラスルーム、¥262,500 (税込み)

セルフトレーニングパック: ¥63,000 (税、送料込み)

パンフレット(PDF)

内容

SUSE Linux Enterprise Server 10を用いて、SUSE Linux Enterprise Server 10のインストールや設定から、ネットワーク設定やバックアップ、印刷、リモートアクセスなどの方法や、日々のLinux管理に必要な様々なタスクなどのLinuxシステム管理の重要な要素に精通できるようになります。

  • SUSE Linux Enterprise Server 10 の状況に応じたインストールと設定
  • パーティションやLVMの作成と管理
  • ユーザセキュリティ
  • プロセス、サービス、ネットワークの設定と管理
  • 日常のバックアップ、リストアや印刷
  • リモートアクセス

受講対象

このコースは、主に「SUSE Linux Enterprise Server 10 Linux基本コース」(3071)コースの修了者または同等の知識をお持ちの方を対象としています。また、Linux の使用経験があり、Linuxの管理を学習してみたい方にもお勧めです。

前提知識

このコースは、主に「SUSE Linux Enterprise Server 10 Linux基本コース」(3071)コースの修了者または同等の知識を必要とします。特に、ファイルシステムレイアウトやユーザ管理、シェルの操作、そして、YaSTの基本的な機能を理解している必要があります。

コース資格情報

SUSE Linux Enterprise Server 10 Linux基本コース(Course 3071) と SUSE Linux Enterprise Server 10 アドバンスド管理コース (Course 3073)を通して受講していただくことにより、Novell CLP 10 certification Practicum (050-697)を受験する準備となります。

コース目次

このコースは、以下の広い範囲のトピックをカバーしています:

  • SUSE Linux Enterprise Server 10のインストール
  • LLinuxファイルシステムの管理
  • ユーザアクセスとセキュリティの管理
  • 手動で行うネットワークの設定
  • LinuxプロセスとLinuxサービスの管理
  • SUSE Linux Enterprise Server 10の監視
  • システムの初期化の管理
  • SUSE Linux Enterprise Serverのソフトウェア管理
  • バックアップと修復の管理
  • 印刷の管理
  • リモートアクセスの設定

© 2014 Novell