Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

Novell Certified Linux Administrator (NCLA)

試験の目的 050-710

 試験の理解範囲

試験を受ける前に、コースの内容と試験の目的の徹底的な理解をお勧めします。トレーニングキットは試験の目的と試験での質問の内容を含んでいます。それらは試験の準備のために最も良いリソースです。

  1. YaSTの機能の理解
  2. YaSTからのネットワーク設定情報の管理
  3. マニュアルページへのアクセスと使用方法
  4. info ページの使用方法
  5. File System Hierarchy Standard(FHS)の理解
  6. ディレクトリの変更とディレクトリの内容の一覧表示
  7. ファイルの作成と表示
  8. ディレクトリおよびファイルの使用
  9. Linuxでのファイルの検索
  10. ファイルの内容の検索
  11. コマンドシェルの概要
  12. コマンドラインでのコマンドの実行
  13. 一般的なコマンドライン操作の概要
  14. コマンドの構文と特殊文字
  15. パイプとリダイレクトの使用方法
  16. viエディタによるファイルの編集
  17. YaSTによるユーザアカウントおよびグループの管理
  18. Linuxの基本的なユーザセキュリティ機能
  19. コマンドラインからのユーザアカウントと作成と管理
  20. ファイルアクセス権と所有権の管理
  21. ファイルシステムセキュリティの確実性
  22. SLES 10 のインストールの実行
  23. SLES 10 のインストールにおける設定
  24. SLES 10 のインストールプロセスのトラブルシューティング
  25. Linuxファイルシステムの選択
  26. Linuxファイルシステムのパーティションの設定
  27. Linuxファイルシステムの管理
  28. 論理ボリュームマネージャ(LVM)とソフトウェアRAIDの設定
  29. ディスククォータのセットアップと設定
  30. PAMでのユーザ認証の設定
  31. Linuxユーザ環境の管理とセキュリティ確保
  32. 高度なアクセス制御のためのアクセス制御リスト(ACL)の使用
  33. Linuxのネットワーク用語の理解
  34. ipツールでのネットワークインタフェースのセットアップ
  35. ipツールでのルーティングのセットアップ
  36. コマンドラインツールでのネットワーク接続の試験
  37. ホスト名と名前解決の設定
  38. NetworkManager を使用したネットワークの管理
  39. プロセスの表示と管理
  40. ジョブのスケジュール設定
  41. USE Linux Enterprise Server 10 システムの監視
  42. システムログサービスの使用
  43. ログイン操作の監視
  44. Linuxのロード手順の理解
  45. GRUB (Grand Unified Bootloader)
  46. ランレベルの管理
  47. RPMソフトウェアパッケージの管理
  48. ソフトウェアライブラリアクセスの確認とアップデート
  49. バックアップ方針の策定
  50. tar を使用したバックアップの作成
  51. 磁気テープの使用
  52. ddによるデータのコピー
  53. rsyncによるディレクトリのミラーリング
  54. cronによる自動データバックアップ
  55. ローカル印刷の設定
  56. 印刷ジョブとキューの管理
  57. CUPSの動作について
  58. 印刷サーバの設定と管理
  59. OpenSSH による安全なリモートアクセスの提供

注意: 試験範囲は通知無く変更されることがあります。それに伴い日本語訳の試験用紙を貸与できない場合があります。

 試験の申請

試験の申請(日本では、英語での受験になります)

Test #050-710 : Novell Certified Linux Administrator (NCLA)

注意: 試験の理解範囲は、予告なしに変更される場合があります。


© 2014 Novell