Novell(クラウドコンピューティングのセキュリティ・仮想化ソリューションを実現)

ノベル沿革

1983年

4月:設立

1985年

1月:NASDAQ株式市場に上場

1990年

3月:ノベル株式会社、日本法人設立

1993年

「Novell eDirectry」発売(ディレクトリ管理製品)

1994年

1994年「Novell GroupWise」発売(コラボレーションソフト。WordPerfect より改称)

2000年

2000年「Novell Identity Manager」発売(ディレクトリ製品・元DirXML)

2001年

2000年Cambridge Technology Partners買収

2002年

2000年SilverStream社買収により「Novell exteNd(Webサービス製品)」誕生

2003年

2000年オープンソース・アプリケーション開発企業Ximian社買収によりLinux関連ビジネスを展開

11月:独SUSE Linux買収によりLinuxディストリビュータに。

2004年

Ximian DesktopとSUSE Linux Professional 9.1 をベースとした「Novell Linux Desktop 9」により、エンタープライズ・デスクトップ市場に参入

8月:カーネル2.6を採用した「SUSE Linux Enterprise Server 9」を日本発売

2005年

3月:「Novell Open Enterprise Server」を発表、NetWare 6.5とSUSE Linux Enterprise Sever 9のどちらも動作可能に(日本では同年4月に発売)

11月:前CEOのジャック・メスマンに代わり、社長兼COOを務めていたロナルド・ホブセピアンが社長兼CEOに。 全社のビジネスを、①SUSE関連ソリューション(SUSE Linux Enterprise Server(SLES)を中心とするデータセンタ事業と、SUSE Linux Enterprise Desktop(SLED)を中心とするデスクトップ事業)、②Novell Identity Manager, Novell Access Managerを含むセキュリティ&ID管理ソリューション、③Novell ZENworksを中心とするリソース管理ソリューション、⑤Open Enterprise Server, GroupWiseを含むワークグループ・ソリューションの4つに集中

2006年

3年:次世代エンタープライズLinuxデスクトップ製品「SUSE Linux Enterprise Desktop」を発表

4月:セキュリティ/イベント管理製品をもつe-Security社買収によりSentinel製品群を追加(日本未発売)

7月:「SUSE Linux Enterprise(SLE) 10」を発表。(SLEはSUSE Linux Enterprise ServerとSUSE Linux Enterprise Desktopの総称)。XenハイパーバイザをエンタープライズLinuxとして初めてサポート。データセンタの仮想化に参入(日本では同年10月に発売)

11月:マイクロソフトとの提携を発表。 OpenOffice.orgにOpenXML/ODF Translatorを採用

2007年

5月:SAPアプリケーション導入の際の推奨Linuxプラットフォームとして「SUSE Linux Enterprise Server」が認定される

6月:「SUSE Linux Enterprise Server 9 SP1」を発表、仮想化機能を強化

9月:Concurrent Computer Corporationの技術をベースとしたリアルタイムLinux OS「SUSE Linux Enterprise Real Time (SLERT)」をリリース(日本では11月に「SLSERT 10」発表)

9月:マイクロソフトとの提携などにより、過去3四半期でLinux事業が243%成長したことを発表

2008年

2月:オープンソース コラボレーション製品のSiteScapeを買収

2月:仮想化プラットフォーム管理のPlateSpinを買収により仮想化戦略強化

3月:SAPと広範に渡る戦略的業務提携を締結し、ミッションクリティカル業務の稼働、管理、セキュリティ確保を実現するため関係強化

5月:「SUSE Linux Enterprise 10」を拡張するService Pack 2をリリース

8月:マイクロソフトとの相互運用性に向けた提携関係を強化、最大1億ドルのサポート付利用証書の購入で合意

9月:デルが「SUSE Linux Enterprise Server 10」の販売を日本で開始

10月:ビジネス・サービス・マネジメント企業のManaged Objectの買収を発表。ノベルのBusiness Service Management製品群へ向けて整備。

12月:ノベルの支援の元Linuxの普及を進めるopenSUSEプロジェクトがopenSUSE 11.1をリリース

2009年

2月:次世代データセンタ向け運用/管理製品群「PlateSpin Workload Management」の国内提供開始

3月:SUSE Linux Enterprise Server 11を提供開始

4月:次世代データセンタに向けた新ビジョン「サービス・ドリブン・データセンタ」を発表

5月:徳永信二がノベル株式会社の代表取締役社長に就任

5月:米インテルと米ノベル、Moblinの普及促進のための協業を発表

7月:米ノベル、クラウドセキュリティサービスを発表

7月:情報漏洩対策 特権ユーザ管理とログ管理製品を国内出荷

7月:米ノベル、SUSEアプライアンスプログラムを発表

8月:日本IBMと協業、Solaris サーバーからの移行プログラム「SUPLI」を発表

8月:PlateSpin Migrate 8.1により同製品を本格的に日本市場に投入

11月:米ノベル、Google Waveとの相互運用性を備えたリアルタイム・コラボレーション・プラットフォーム、Novell Pulseを発表

11月:米ノベル、Microsoft Visual StudioでLinux向けの.NETアプリケーションを構築するMono Tools for Visual Studioを発表

12月:ログ管理新製品のSentinel Log Managerを国内出荷

12月:リコーならびにTISと仮想化事業で協業を発表

© Micro Focus